妊婦さんもお越し下さい!「痛みがとれて、再発しない体」になりたい方にオススメです。女性専門整体院です

こんな症状に

こんなときにご来院下さい!

ここでは、どういうときにらくーんの施術を受けたらいいか、
という判断基準について書いていきたいと思います。

らくーんの施術の適応症例は、とてもたくさんあります。
「施術後に、改善が確認できる」ことが、わたしが学んで来た療法の良いところです。
(もちろん、重症度によります)

最近では、ストレス性の痛みにも、対応できる部分が増えてきました。
お気軽にご相談下さい!

適応症例

以下、適応症例一覧を簡単に書きます。
お探しの症状がない場合でも、たいていの痛みには対応できますので、
メール等でお気軽にご質問いただければ、と思います。

頭部・顔

頭痛、目の疲れ、顎関節症、耳鳴り、花粉症など。

肩・首

寝違い、ムチウチ症頚椎椎間板ヘルニア四十肩・五十肩肩こり、その他首の痛みなど。

手・手首・肘・腕

野球肘、テニス肘、亜脱臼、しびれ、バネ指など。

背中・胸

脊柱側湾症、背中の痛み、胸の痛みなど。

腰・おしり

ぎっくり腰、椎間板ヘルニア、すべり症、坐骨神経痛、慢性腰痛など。

足・膝

捻挫、肉離れオスグッド病(成長痛)、股関節症、変形性膝関節症半月板損傷、大腿骨頭壊死、O脚、痛風、外反母趾、しびれ、その他膝の痛みなど。

その他

骨折の痛み、不眠症、ヘルペス(帯状疱疹)、そけいヘルニア(脱腸)、自律神経失調症、更年期障害、パニック障害、関節リウマチパーキンソン病、逆子、生理痛、子宮筋腫、全身疲労、がんによる痛み、夜尿症、骨格矯正など。

施術を受けるにあたって・・・

施術を受けるタイミング、といいますか、
「こういう時には来てほしい」と思うことを書きますね。

考え方としては、
痛みがあったら、まず病院に行って検査をして下さい。

いきなり来院してもらっても良いのですが、一度しっかり検査を
してもらった方が、お互い安心だと思います。
腱鞘炎だと思ってたら実は骨が折れていた、ということもありますから・・・。

まずは病院で検査をして、お医者様のお話を良く聞いてきて下さい。

それで、そのときに、

「検査の結果異常はありません」

「気のせいでしょう」

「しばらく安静にしてみて下さい」

「体重を減らして下さい」

「もう歳だから仕方ありませんね」

「湿布を出しておきます」

「痛み止めの薬を出しておきます」

「うまく痛みと付き合って下さい」

「コルセットをしてみて、しばらく様子を見て下さい」

「もう少し悪くなったら手術しましょう」

などの説明があれば、それはあなたが今抱えている痛みは、
「西洋医学の範囲とは違う」ということです。

そんなときは、自然治癒力を助けてあげるのが一番だということを
ここでは覚えておいて下さい。

西洋医学では、
「手術で悪いものを取ったり」
「ウィルスを薬で殺したり」
「切れたものをつなげたり」
することなどが専門です。

専門分野は、それぞれの療法で違います。

たとえば、アロマも、いい香りでとても癒されますが、
それで腰痛が治るかといえば、違いますよね。
でもとてもリラックスできるので、良い気持ちになります。

自分の体と相談しながら、自分の症状に応じて、
自分が「どうなりたいのか」「何を求めているのか」体に聞いて、
受ける療法を選んでいけばいいと思います。

根本的に痛みを取りたいなら、痛みを取る専門家に相談するのが近道です。
わたしが学んで来た療法は、即効性があり、体そのものが良くなるので、
再発しない体に戻っていくことができます。

いつでもご相談下さいね(^−^)b

→ 回復までの流れ へ

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional